ホーム > 最新動向

最新動向

メールマーケティングに関するニュース記事や調査・統計、トピックを掲載しています。最新情報はもちろん、2002年以降のデータを収録していますのでリサーチなどにも便利です。

【お知らせ】旧名「メールマーケティング・ブログ」は、リニューアルにともない「最新動向」に変更しました。

アメリカの調査会社eMarketer社によると、ショッピングカートの放棄率は67.2%で、全体の約3分の2であることが明らかになりました。



参考: eMarketer

Category:統計・調査

米Square社は、一般的な電子メールを使って手持ちのデビットカードから個人間で送金できる無料サービス「Square Cash」を発表しました。事前登録した自分のデビットカードから相手のデビットカードに振り込まれるという仕組みで、ワリカンのときなど便利そうです。


 cash 1

出典: ITMedia

Category:

調査会社ニールセン社によると、2013年1月のインターネット利用の割合はスマートフォンが35%に達したことが明らかになりました。前年同月のスマホからのアクセスは17%だったので、一年間で倍増したことになります。過半数を超えるのも時間の問題な勢いです。


20130403_01.png

参考: ニールセン

Category:トレンド, 統計・調査

メール開封率の地域別の調査が発表されました。この調査結果では、アジア・パシフィック地域が18.0%でトップで、ヨーロッパ地域9.0%、北アメリカ7.8%と続きます。

email-marketing



参考: eloqua

Category:統計・調査

企業名想起率ランキング2012年が日経BPコンサルティングかから発表されました。1位は「お口の恋人」(ロッテ)で、企業名想起率は73.9%でした。以下、次の通りとなります。

  • 1位 「お口の恋人」(ロッテ)73.9%
  • 2位 「あなたと、コンビに、ファミリーマート」(ファミリーマート)63.8%
  • 3位 「ココロも満タンに」(コスモ石油)61.2%

企業名想起率上位40 (400メッセージ中)


参考: 日経PBコンサルティング

Category:

モバイルコミュニケーションアプリの「LINE(ライン)」の登録ユーザー数が10月25日時点で世界7000万人、国内3200万人を突破したことが明らかになりました。LINEは現在、世界230の国や地域で利用されていて、最近は3週間に約500万人のペースで利用者が増加中。2012年中に1億ユーザー達成を目標としています。


参考: CNET Japan

Category:

元祖ウェブメールといえば「ホットメール」。ブラウザでメールの受送信をするのは今では当たり前だが、当時は衝撃的だった。
マイクロソフト社が1998年に買収した同サービスは、14年後の本年(2012年)、装い新たに、「アウトルック・ドットコム」としてリリースされることとなった。ホットメールは段階的に縮小という。
アウトルック・ドットコムの主な点はマイクロソフト社の他サービスの連携はもちろん、ソーシャルメディアとの連携も強化する模様。

参考: ウォール・ストリートジャーナル

Category:注目サービス

フェイスブックやツイッターに続いてブレイクすると言われている画像系SNSの「ピンタレスト」を使ったキャンペーンが登場しました。キャンペーンを開始したのはローソンで、キャンペーン名は「うちカフェスイーツの夏フォトコンテスト」。フォトコンテストではソーシャルメディアユーザーやローソンのファンが「うちカフェの夏」をテーマに撮影した写真を投稿して、投票などをもとに入賞作品を決定し、入賞者にはローソンプリペイドカード3万円分などが渡されるというもの。
米国の調査ではSNSのコンテンツをきっかけに商品を購入する割合は、ピンタレストがフェイスブックの2倍という結果もあり、これからますます注目を集めそう。

LAWSON

参考: Advertimes

Category:トレンド

インターネット個人利用動向調査によると、インターネット利用者におけるスマートフォン利用率は2012年5月時点で29.9%と、昨年の14.8%から倍増したことが明らかになりました。

年代別で利用率が高いのは次の通り。

  • 女性20代 46.8%
  • 男性20代 42.1%
  • 女性10代 41.7% 
  • 男性30代 40.5%
  • 男性10代 39.7%

参考: Internet Watch

Category:統計・調査

インターネット個人利用動向調査の結果が発表されました。日本のソーシャルメディア人口は2012年5月時点で5060万人で、前年比43%増であることが明らかになりました。その他の主なポイントは次の通りです。

  1. 5060万人のうち65%に当たる3290万人が、投稿や書き込みなど何らかの情報発信を行っている
  2. 主なSNSの利用率は下記の通りですが、Facebook利用者の増加により、SNS全体の利用率も、45.6%に引き上げられていることが挙げられます(昨年は32.1%)。
  • mixi 26.1%(前年比0/9%減)
  • Facebook 24.5%(16.2%増)
  • Twitter 26.3%(10.8%増)
  • Mobage 8.4%(2.1%増)
  • GREEが .8%(0.5%減)

これにより SNSとマイクロブログを合わせたソーシャルメディア全体の利用率は、今年は52.0%と半数を超えたことになります。

参考: Internet Watch

Category:統計・調査

過去の記事を読む


ページの先頭に戻る