ホーム > 最新動向 > カテゴリを追加, 事例紹介 > メール打ち過ぎで損傷が深刻化

メール打ち過ぎで損傷が深刻化

2006年02月23日


英国の携帯電話会社ヴァージン・モバイル社は、携帯メールの打ち過ぎで、指の痛みなどで損傷(反復運動過多損傷というらしい)を患う人が、英国内だけで年間380万人に上ると発表しました。
内訳は、1日当たり1~20通の携帯メールを発信しているのが約12パーセントで、10パーセントの人はそれ以上、多い場合は 100通を打ち込んでいるとか。
この結果、指や手首にしびれ、痛みを感じる人が増加しているといいます。Hotwired

Category:カテゴリを追加, 事例紹介  bookmark:Yahoo!ブックマークに登録

【PR】メールマーケティングをはじめたい、改善したい。そんなときは…。

最初のヒアリングから導入・運用まで、メールマーケティング専門の株式会社マーケティング・ボイスがお手伝いします。プロならではの安心のサービスをご提供します。


ページの先頭に戻る