ホーム > 最新動向 > カテゴリを追加, 事例紹介 > 操作ミスで、メールアドレス1万件超が流出

操作ミスで、メールアドレス1万件超が流出

2006年06月14日


セガトイズは、顧客のメールアドレス1万2639件分が流出したと発表しました。
流出した原因は、アンケートを配信する際、誤ってCC発信してしまったためです。しかも削除するために「メッセージの取り消し」モードを使い、同様のメールを再度配信してしまったといいます。
ITmedia

Category:カテゴリを追加, 事例紹介  bookmark:Yahoo!ブックマークに登録

【PR】メールマーケティングをはじめたい、改善したい。そんなときは…。

最初のヒアリングから導入・運用まで、メールマーケティング専門の株式会社マーケティング・ボイスがお手伝いします。プロならではの安心のサービスをご提供します。


ページの先頭に戻る