ホーム > 最新動向 > カテゴリを追加, 事例紹介 > 騙しメール2.0の時代

騙しメール2.0の時代

2006年10月19日


京都広告協会という名称の差出人から、「メールを受け取りましたが読めません。再送信してください」みあたいなメールが届いたらご注意を。
返信することでメールアドレスをリスト化し、迷惑メールを配信するというモデルで、これが増えているとか。
メールマーケティングの肝はコミュニケーションですが、それを蹂躙するようなモデルに他なりません。ZDNet Japan

Category:カテゴリを追加, 事例紹介  bookmark:Yahoo!ブックマークに登録

【PR】メールマーケティングをはじめたい、改善したい。そんなときは…。

最初のヒアリングから導入・運用まで、メールマーケティング専門の株式会社マーケティング・ボイスがお手伝いします。プロならではの安心のサービスをご提供します。


ページの先頭に戻る