ホーム > 最新動向 > 注目サービス > メール誤送信を防ぐシステムが登場

メール誤送信を防ぐシステムが登場

2006年11月01日


メールの誤送信を防ぐことができる企業向けシステムが登場しました。発売するのはNTTコミュニケーションズです。
誤送信の防止として、宛先を自動で分割するという機能がある。具体的には、社外の複数のあて先にメールを送信すると、送信側サーバーで自動的に社外メールアドレスを認識して、社外アドレスには個別にメールを送信するというものです。
また、 添付ファイルはすべて自動で暗号化して、暗号化ファイルを読むためのパスワードを添付ファイルとは別のメールで送信します。
利用料金は500ユーザーで850万円。Nikkei Net

Category:注目サービス  bookmark:Yahoo!ブックマークに登録

【PR】メールマーケティングをはじめたい、改善したい。そんなときは…。

最初のヒアリングから導入・運用まで、メールマーケティング専門の株式会社マーケティング・ボイスがお手伝いします。プロならではの安心のサービスをご提供します。


ページの先頭に戻る