ホーム > 最新動向 > 統計・調査 > 2011年、通信手段はメールから多様化すると予測

2011年、通信手段はメールから多様化すると予測

2006年12月19日


現在の企業のコミュニケーション手段はメールが主流だが、2011年には、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)やブログなどに多様化する、という予測がガートナージャパン社によって発表されました。
現在の企業の通信手段を使用頻度でみると、メールが77%で、ちょうどメール登場前の電話(81%)に取って代わられたそうです。そして今回の予想となりますが、ブログなどの新サービスが5年後には企業の個人通信手段の3割程度を占めると予測しています。Nikkei Net

Category:統計・調査  bookmark:Yahoo!ブックマークに登録

【PR】メールマーケティングをはじめたい、改善したい。そんなときは…。

最初のヒアリングから導入・運用まで、メールマーケティング専門の株式会社マーケティング・ボイスがお手伝いします。プロならではの安心のサービスをご提供します。


ページの先頭に戻る