ホーム > 最新動向 > 注目サービス > 約100年分のメールが保存、と表現して可視化

約100年分のメールが保存、と表現して可視化

2007年07月31日


グーグル社のメールサービス「Gmail(ジーメール)」を活用してPCと携帯電話のどちらからでも利用できるサービスが登場。サービス名はKDDIの「au oneメール」で、利用料金は無料。
容量はGmailと同じ2Gバイト。200文字程度のメールを毎日20通送受信しても約100年分のメールが保存できる、という表現に言い換えることで、容量の可視化を試みています。CNET Japan

Category:注目サービス  bookmark:Yahoo!ブックマークに登録

【PR】メールマーケティングをはじめたい、改善したい。そんなときは…。

最初のヒアリングから導入・運用まで、メールマーケティング専門の株式会社マーケティング・ボイスがお手伝いします。プロならではの安心のサービスをご提供します。


ページの先頭に戻る