ホーム > 最新動向 > 注目サービス, 迷惑メール > 送信者アドレスの偽装を判別するサービス開始

送信者アドレスの偽装を判別するサービス開始

2007年07月02日


大手プロバイダのビッグローブは、迷惑メール対策として、送信者アドレスを偽装したメールの判別ができる送信ドメイン認証技術「DKIM(DomainKeys Identified Mail)」をBIGLOBEのメール受信サーバに導入することを発表しました。サービス開始は9月からの予定です。
これにより、BIGLOBEのメール受信サーバで検証した結果はメールヘッダに付与されるようにない、BIGLOBEメール受信者による送信者アドレスの偽装の判別が可能となります。
同社ではすでに「SPF(Sender Policy Framework)」を導入しているので、さらに精度が上がるとしています。CNET Japan

Category:注目サービス, 迷惑メール  bookmark:Yahoo!ブックマークに登録

【PR】メールマーケティングをはじめたい、改善したい。そんなときは…。

最初のヒアリングから導入・運用まで、メールマーケティング専門の株式会社マーケティング・ボイスがお手伝いします。プロならではの安心のサービスをご提供します。


ページの先頭に戻る