ホーム > 最新動向 > 事例紹介 > メールの「盗み見」で逮捕事件が発生

メールの「盗み見」で逮捕事件が発生

2007年08月02日


医師が同僚のメールを「盗み見」で逮捕事件が発生しました。逮捕された医師の手口は、同僚宛に送られたメールを自分のメールアドレスにも転送で届くようにしたと、いたってシンプル。約1年半に、2000通以上のメールを転送で盗み見したそうです。
ちなみに、第一生命経済研究所の調査によると、「恋人や配偶者の電子メール履歴のチェック経験」がある人は、31.3パーセントです。Nikkei Net

Category:事例紹介  bookmark:Yahoo!ブックマークに登録

【PR】メールマーケティングをはじめたい、改善したい。そんなときは…。

最初のヒアリングから導入・運用まで、メールマーケティング専門の株式会社マーケティング・ボイスがお手伝いします。プロならではの安心のサービスをご提供します。


ページの先頭に戻る