ホーム > 最新動向 > 統計・調査 > 1年間で最も利用した携帯の機能は「メール」5割超

1年間で最も利用した携帯の機能は「メール」5割超

2008年12月24日


この1年間で携帯電話ユーザーが最も利用した機能についての調査によると、トップは「メール」で、全体の54.7%に達することが明らかになりました。ちなみに第2位は「音声通話」で21.1%で、つまり携帯電話の役割が本来の電話(通話)からメール中心へと移行したことが表れる結果となりました。

一方、今年1年間に最も頻繁にメールをした相手は、1位「恋人・配偶者」、2位「友人」でがそれぞれ40%前後で、ほぼ同じ割合でした。なお、本調査はアイシェアが実施したものです。email_081224.jpg

CNET Japan

Category:統計・調査  bookmark:Yahoo!ブックマークに登録

【PR】メールマーケティングをはじめたい、改善したい。そんなときは…。

最初のヒアリングから導入・運用まで、メールマーケティング専門の株式会社マーケティング・ボイスがお手伝いします。プロならではの安心のサービスをご提供します。


ページの先頭に戻る