ホーム > 最新動向 > 統計・調査 > フリーメールを使わなくなった由、「迷惑メールの増加」が4割

フリーメールを使わなくなった由、「迷惑メールの増加」が4割

2010年03月25日


無料のメールサービス「フリーメール」(PC向け)に関する調査結果が発表されました。
フリーメール利用経験者はどこのメールを使っているかを調べたところ、「Yahoo!メール」が80.4%(787人)で断トツのトップで、以下、「Windows Live Hotmail」27.6%、「Gmail」24.0%、「goo メール」16.3%、「infoseek メール」11.4%となりました。

フリーメールを利用する目的は、「メールマガジン登録」66.8%がトップで、以下、「ショッピング」56.5%、「その他会員サイトへの登録」49.7%、「オークション」39.7%の順となり、メルマガや会員サイトへの登録、ネットショッピングなどでの利用が目立ちました。

以前はフリーメールを利用していて今は利用していないユーザーに、使わなくなった理由を尋ねたところ、「迷惑メールが増えたから」が38.0%でトップでした。その他、「フリーメール以外のメールサービスを使っているから」36.6%、「使い勝手が悪かったから」32.4%、「セキュリティに不安を感じたから」23.9%が挙げられています。

Internet.com

Category:統計・調査  bookmark:Yahoo!ブックマークに登録

【PR】メールマーケティングをはじめたい、改善したい。そんなときは…。

最初のヒアリングから導入・運用まで、メールマーケティング専門の株式会社マーケティング・ボイスがお手伝いします。プロならではの安心のサービスをご提供します。


ページの先頭に戻る