ホーム > 最新動向 > トレンド, 統計・調査 > ツイッターやフェイスブックとメールでのユーザーの重複具合は?

ツイッターやフェイスブックとメールでのユーザーの重複具合は?

2010年07月28日


ツイッターやメール、そしてフェイスブック(世界規模ではもっとも有名なSNS)などコミュニケーションチャネルは多岐にわたりますが、特定のブランドに対してユーザーはどの程度重複してエンゲージしているかの調査結果が発表になりました。

その調査結果によると、まずメールは全体の56パーセントで最大、そのうちフェイスブックと重複しているのは32パーセントであることが明らかになりました。さらにツイッターもフォローしているというユーザー(つまり3種類全部でエンゲージしている)のは4パーセントです。

ツイッターだけというのは1.3%にとどまり、またフェイスブックだけというのも0.7%でした。ソーシャルメディアでエンゲージしているユーザーのほとんどはメール読者であるということです。メールマーケティングは重要なチャネルと言えます。

eMarketer

 

 

Category:トレンド, 統計・調査  bookmark:Yahoo!ブックマークに登録

【PR】メールマーケティングをはじめたい、改善したい。そんなときは…。

最初のヒアリングから導入・運用まで、メールマーケティング専門の株式会社マーケティング・ボイスがお手伝いします。プロならではの安心のサービスをご提供します。


ページの先頭に戻る