ホーム > 最新動向 > トレンド, 迷惑メール > 標的型メールとは?

標的型メールとは?

2011年09月24日


標的型メールとは、特定企業や官公庁などの政府機関の機密情報を狙う攻撃メールのことです。添付ファイルを開くと、外部と強制接続する不正プログラムが仕込まれています。
標的型メールは、実在する発信者名、普段行っている業務の内容が記されてあり、添付ファイルも過去・現在使用されているフォーマットなどで送信されるため、メール内容やファイルを開けた後ですら、注意喚起していなければ容易に見抜けないことも多くあります。そうした受信者の不注意や関心につけこみ、「ソーシャルエンジニアリング」(人間の心理的な隙や、行動のミスにつけ込んで個人が持つ秘密情報を入手する法)を用いて攻撃をしかけてきますので注意が必要です。最近では三菱重工がその被害に遭いました。

参考: AdverTimes

Category:トレンド, 迷惑メール  bookmark:Yahoo!ブックマークに登録

【PR】メールマーケティングをはじめたい、改善したい。そんなときは…。

最初のヒアリングから導入・運用まで、メールマーケティング専門の株式会社マーケティング・ボイスがお手伝いします。プロならではの安心のサービスをご提供します。


ページの先頭に戻る