ホーム > 最新動向 > トレンド, 統計・調査 > スマホ普及2割、活用経験は「旅行」がトップで54パーセント

スマホ普及2割、活用経験は「旅行」がトップで54パーセント

2012年05月21日


グーグルは、スマートフォンに関する大規模調査の結果を公開しました。それによると、日本国内の普及率は20%であることが明らかになりました。昨年調査の6%から大幅に増加しています。

年代別でみると、18~29歳が31%(昨年10%)、30~49歳が32%(昨年6%)となり、50歳以上は8%でした。

また「スマートフォンを使用しておこなうことは?」のトップは旅行で、54パーセントにのぼりました。



その他は下記の通りです。

世界各国の普及率をみると、アラブ首長国連邦が61%、サウジアラビアが60%、ノルウェーが54%、オーストラリアが52%、スウェーデンと英国が51%と幅広く普及していることがうかがえます。

スマートフォンでネットを使う理由は次の通りです。

  • 「暇つぶし」 67%
  • 「パソコンがないときの情報収集」 66%
  • 「質問に対する迅速な回答」 57%
スマートフォンの検索結果の閲覧状況は次の通りです。

  • 最初のページのみ閲覧するユーザー 47%
  • 2ページ目までのユーザー 36%
  • 5ページまで閲覧するユーザー 6%
スマートフォンでソーシャルネットワークにアクセスするユーザー状況は次の通りです。

  • 「毎日SNSにアクセスする」 47%
  • 「まったくない」 34%
なお、モバイルショッピングの利用経験については、未経験は61%と経験者を上回りました。利用しない理由については、パソコンの方が便利とする回答が7割近くを集め、圧倒的でした。

参考: CNET
 

Category:トレンド, 統計・調査  bookmark:Yahoo!ブックマークに登録

【PR】メールマーケティングをはじめたい、改善したい。そんなときは…。

最初のヒアリングから導入・運用まで、メールマーケティング専門の株式会社マーケティング・ボイスがお手伝いします。プロならではの安心のサービスをご提供します。


ページの先頭に戻る