ホーム > 書籍・執筆・講演 > 著書 > 目次詳細

目次詳細


書名:顧客に選ばれるEメールマーケティング

著者:鶴本浩司

価格:1500円(本体)
販売:全国の主要書店
刊行:株式会社かんき出版
   四六判/並製/208頁
発行年月日 2002年6月10日
ISBNコード 4761260165

第1章 なぜEメールマーケティングが注目を集めるのか?

  1. Eメールの威力

    あふれ返る受信ボックス/不要なメールの運命/ 「ブランド破壊」の威力もあるEメール/価値のあるEメールとは?


  2. Eメールの優位性

    Eメールは理想のマーケティングツール/メールボックスは『個人の部屋』


  3. パーミッションとEメールのポジション

    なぜパーミションが必要なのか?/「メルマガ」だけではないEメールマーケティング/多様な展開が可能なEメール/これからはEメールが主人公に!/Eメールマーケティングを成功させるために!

第2章 Eメール利用者の実体と傾向

  1. Eメールに注がれる熱い視線

    コミュニケーションのスタイルを変化させたEメール/Eメール利用者の特徴


  2. Eメールとプライバシー

    コミュニケーションのプラットホーム化/プライバシー意識の増幅/匿名性の加速化 /複数メールアドレスと多人格化(本命アドレスと義理アドレス)/瞬間大衆の復権


  3. Eメールによる口コミ効果

    口コミの進化/口コミのメカニズム/口コミを数値化してみる/アクションのトリガー化

第3章 進化するパーミッション

  1. ブランド力とブランドリスク

    これからも増え続けるEメール/ブランドの絶対値はリスクの絶対値


  2. 迷惑メールとは何者なのか?

    スパムメール(迷惑メール)の実体をみる/インターネットそのものを揺るがしかねないスパム公害/日本での迷惑メール対策法の最新事情/スパムとオプトインの境界線をあいまいにしない方法


  3. オプトアウトの考え方

    オプトアウトの2つの側面「事前オプトアウト」=「みなし承諾」/ 「事後オプトアウト」=「配信されたメールの解除」


  4. オプトインの考え方

    健全な「オプトイン」とは?/「専用オプトイン」とは?/「共用オプトイン」とは?/セミスパムの出現/その読者は正しい読者か?/3Pルールのチェックを!/ダブルオプトインという考え方/クアンティティ(量)よりクオリティ(質)を!/オプトインの登録手続きは初対面ならではのもてなしを!/パーミションには賞味期限がある

第4章 Eメールマーケティングの目的

  1. Eメールで何をしたいのか?

    メルマガを日本中に認知させた小泉内閣


  2. 目的をどう設定するか?

    目的を明確にする/目的をEメールの機能に合わせた5つのタイプで考える販売型/アクイジション(見込客の囲い込み)型/育成型ロイヤルティ型/リテンション(顧客の維持)型


  3. 販売モデルと価格軸

    販売の価格軸による考え方/販売モデルによる分類

第5章 Eメールマーケティングのスタイル

  1. 「時間軸」を中心に考える

    わずかな情報で個別化ができる「時間軸」という考え方


  2. カウントダウン型

    イベントが発生するXディを決めてカウントダウンする/Xデーまでに準備が完了しなければならない場合に有効


  3. 電子チラシ型

    自社の都合で発信でき、速報性にたけている/電子チラシ型配信の落とし穴


  4. 記念日型

    個人の記念日をどう活用するか?/「記念日メール」を迷惑だと考えている人も多い


  5. ロールプレイング型

    感情移入が発生し、リレーションが強固になる


  6. Eラーニング型

    ゴール日(終了日)をユーザー側が選べる/エンターテインメントへの応用例


  7. カウントアップ型

    Xデーを起点にしてイベントが発生する


  8. 6つのタイプを組み合わせる

    どの手法で取り組むか?/「Eラーニング型」と「ロールプレイング型」の融合

第6章 Eメールコミュニケーションの具体例

  1. 消費者を「個」として捉える

    アドレスは「リスト」ではなく、人格を持った「個人」である


  2. カウントダウン型で魅了する・・・ゼクシィ

    net結婚をテーマにしたカウントダウンメール/コンテンツを配信するタイミング/コンテンツはどう構成されているのか?リレーションを維持する方法/テキストメールからHTMLメールへ


  3. 何度もリピートしてしまう『美穂の旅』

    100万人以上の登録がある元祖ロールプレイング型/ なぜこれほどのユーザーを獲得できたのか?/ 口コミ効果の威力/ロールプレイングの延長線上にあるものリピーターが多い理由


  4. クリック&モルタルで相乗効果・・・東急ハンズ新宿店

    クリック&モルタル型の強み/「フロア発信」という考え方/コンテンツはどのように工夫されているか?/HTMLメールとテキストメールの使い分け


  5. 『Eメール村民』で観光が活性化・・・石川県尾口村

    人工わずか797人の過疎地域/「Eメール村民」になるには?オプトアウトがほとんど発生しない/「全国・地方自治大賞」最優秀賞を受賞!


  6. 消費者が主人公・・・ジップロック(旭化成)

    作る側と使う側の融合/ユーザーの言葉で構成されているEメール

第7章 Eメールマーケティングを実践する!

  1. どうやってユーザーを誘導するか?

    物販はEメールの持つ機能のほんの一部でしかない/アドレス収集がリレーションのスタートライン


  2. チャネル(1)―コンテンツメール上での宣伝

    人気のメルマガに広告を載せる


  3. チャネル(2)―共用オプトインメール上での宣伝

    「オプトインメール」とは?/共用オプトインメールの強み


  4. チャネル(3)―他ウェブサイトでのバナー広告

    バナー広告の出稿


  5. チャネル(4)―オフラインで誘導

    各メディア広告の活用/実店舗での誘導/「お友達紹介キャンペーン」は効果があるか?


  6. コミュニケーションの手法と展開

    アンケートは悪の枢軸/インセンティブには考慮が必要/サンキューメールにもブランドを!/勇気をもってオプトインの更新を!/消費者データに潜むリスク/もっとも効果のある配信曜日は?


  7. チームの編成とプロの活用

    横断的なチーム編成を!/プロの配信サービスを使う/ 会社選びのチェックポイント


  8. 不達メール対策

    不達(バウンス)メールはトラブルの実力十分/ 一定のルールを決め、そのルールを提示しておく/ プロの配信サービス会社を利用しよう!


  9. Eメールの書き方と配信の仕方

    文章量と配信頻度について/Eメールのコンポーネント/差出人名/宛先/件名(サブジェクト)/本文はどう読まれるか?


  10. Eメールの作成技法

    いつも創刊号の感覚を!/出版の工程に倣う/そのコンテンツはプリントされる/V&Rのランデブー


  11. 効果測定に用いられる指標

    効果測定について/費用対効果の考え方/測定結果をどう評価するか?


  12. 問い合わせへの対応

    リスポンス(対応)の考え方/問い合わせへの対応は、メールも代表電話も同じ/フィードバックはヒントの宝庫


  13. 「HTMLメール」の活用法

    HTMLメールの考え方/HTMLメールへの誘導の仕方

第8章 Eメールマーケティングの本質

  1. ウェブマーケティングからEメールマーケティングへ

    Eメールでのブランディングとは?/Eメール中毒/ Eメールの信頼関係を理解する/Eメールの広告は黄金期へ突入


  2. 遅れている日本のEメールマーケティング

    個へのマーケティングへ


  3. リレーションを確立するために

    CRMとEメール/流儀は消費者にあり



ページの先頭に戻る